MESSAGE 人のために何かをしてあげられることに
喜びを感じられる人

啓仁会は、「目の前のご利用者様の悩みや苦しみ・不安を自分のこととして共感し、解決を願い、一緒に前向きに生きていけるよう支援する」介護を目指しています。
ご利用者様、ご家族様、職場の仲間に対する思いやりがなければ、行動につなげることはできません。
「人のために何かをしてあげられることに喜びを感じられる」、そんな貴方を待っています。

INTERVIEW 啓仁会グループの先輩社員の声

先輩の存在が大きな助けに

水上さん
所沢ロイヤル病院勤務

身近なきっかけから介護の道へ

先輩社員の声を伺うにあたり、仕事を通じて自己実現をしている方として紹介いただいたのが、病棟で介護福祉士として働く、水上さんです。なんと前職は、成田空港でグランドスタッフだったとのこと。どうして小手指にやってきたのでしょう?なぜ、介護職に就いたのでしょう?

「実家がこの近所なのですが、20年ほど前に父が倒れて介護が必要になったことが、すべてのきっかけです。介護職の仕事を身近に見て、興味を持ちました。」

実は、グランドスタッフに戻ろうと思えば戻れた水上さん。しかし、新しい道を選択することにしました。それは、どうしてでしょう?

「内容としてやってみたい気持ちが強かったことが最大の理由ですが、歳を重ねても長く続けられる仕事で、場所も選ばないことも大きかったです。やろうと決めてから、すぐにスクーリングに行って、介護職員初任者研修(当時はヘルパー2級)の資格を取得しました。

とはいえ、未経験でしたから、本当に雇用してもらえるかは、いつも心配でしたが、無事、入職することができました。」

身近なきっかけから介護の道へ

早速、介護職としての仕事を始めた水上さん。先輩がひとつずつ細かいことでも丁寧に教えてくれたことで順調に素質を開花させていきました。しかし、新人時代には悩みもあったそうです。

「ある程度の覚悟はしていましたが、患者様ごとにご要望が大きく異なるのです。意図を汲み取って、良かれと思ってやってみても、ほとんどが間違い。解決の糸口を求めていましたね。
改善できたのは、先輩たちの動きを見て、相談も受けてもらう中で、まだまだ自分本位だったことに気づかされたためです」

特に代表的な例は、入浴だったそうです。

「どうしても、1日のスケジュールの中に入っていることから“こなさなければならないミッション”と、とらえていました」

患者様の状況や要望に合わせてケアを変更することもできます。例えば、入浴の代わりに温かいタオルで体を拭くなど、スケジュールをうまく入れ替えて、気分転換してもらうこともできる。

いま振り返ってみると、解決するための方法はたくさんあります。しかし、“しなければならない”と考えていた若い水上さんには思い付かなかったことでした。先輩の存在が、水上さんを救ったといえます。

興味とやる気が最重要ということ。技術や知識は入職してからでも間に合います。

そんな水上さんには、思い出に残る患者さんがいるそうです。

「末期がんの患者様で、痛みを緩和するお薬を飲んだ後でも気分がすぐれないようでした。介護職としてできることは何かと考えたときに、ふと思い出したのが、父の介護のこと。実際に、父にしていたのと同様に、手を握り、お話を聞き、背中をずっとさすり続けたところ、安心されたのか、無事、お休みになられました。」

次の日、その患者さんが自ら、話しかけてきました。“昨日はありがとう、あれは助かりました”“また、つらい時はお願いします。”

過去に体験したことが、スキルとして活きる瞬間に誰しもが仕事に携わる喜びに気づきます。未経験でこの業界に飛び込んできてから、すでに15年。水上さんもまた、チームリーダーとして抜擢されていました。

そこで、所沢ロイヤル病院で介護職として活躍するために必要なことは何か質問してみました。

「当然、医療と接する分野なので、ある程度はケガや病気の知識が必要になります。さらに、トランスや食事介助などは、技術も必要。でも、私をご覧ください。未経験で入職しましたが、先輩たちにたくさんのことを教えてもらい、勉強も積み重ねたことで、リーダーになれました。

振り返って思うのは、興味とやる気が最重要ということ。技術や知識は入職してからでも間に合います」

お申し込み

  1. 上記のボタンから見学申し込み、求人票をダウンロードし、印刷してください。
  2. 学校の先生に用紙をお渡しいただき、先生からお申し込みいただくようお願いいたします。

SCHEDULE 介護職の一日の勤務の流れ

7:00~9:00
起床介助、更衣介助、トイレ誘導、口腔ケア、食前薬内服、朝食の準備、配膳、朝食の介助、下膳、食後薬内服、食後のトイレ誘導、記録業務、申し送り(夜勤→日勤)。
9:00 〜11:00
入浴介助、清拭、水分補給、レクリエーション、グループリハビリ、シーツ交換。 
入浴に行かれる方、リハビリに行かれる方、などの対応をしながら環境整備なども行います。
11:00 〜14:00
昼食の準備、配膳、昼食の介助、下膳、口腔ケア、記録業務。
食事の介助は必要な方に行います。
14:00 〜21:00
レクリエーション、おやつ、水分補給、夕食準備、配膳、夕食の介助、 下膳、食後薬内服、口腔ケア、就寝準備
21:00 〜翌7:00
就寝介助、消灯、巡視、仮眠、翌日の準備など

WORK SHIFT 入職後の勤務イメージ

【入職~半年】1週間の勤務例

入職から半年までは日勤でしっかりと仕事を覚えていきます。

【半年~】1週間の勤務例

シフトに応じての勤務となります。夜勤明けの翌日は休日を取得いただくなど、働く人にも配慮した勤務環境です。

DATA 職場のデータ

年齢構成比

中堅層(30~40代)の職員がたくさんいるので、みなさんへの指導はバッチリです。入職時はみなさん未経験、わかならいことがあれば、何でも聞いてください。

男女比

女性の方が多いというイメージの介護の職場ですが、男性の方も増えています。男女ともに活躍できる職場です。

育休取得率/復帰率

子供を育てながら働くのに気を遣う職場はまだまだあります(2018年 全業種平均:82.2%)。しかし、私たちの職場では産休・育休を取るのが当たり前。育休取得率/復帰率ともに高く、復帰後は時短勤務も選択できます。お子さんの成長に合わせた働き方が可能です。

有給取得率

有給取得率は全業種平均(2018年:52.4%)を上回る70%です。プライベートが充実してこそ、仕事にも集中できます。入職後は遠慮なく有給を申請してください。

SUPPORT あなたが安心して働ける体制があります

1. 入職後の教育体制

最初の数週間は座学で研修をする施設、先輩職員の仕事を見ながら段々と覚えていくOJT方式の施設など、入職後の教育体制は施設によりさまざまです。

教育体制はさまざまですが共通しているのは、入った皆さんが不安なく安心して業務に携われるまで丁寧にフォローアップしている点です。
啓仁会の施設に見学に来た際はぜひその施設での教育体制のことを質問してみてくださいね。

2. 資格取得サポート制度

介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修などの介護の資格取得が無料で受講できる制度があります。(規定あり)
施設によっては自施設の部屋で出張講座が開かれることもあり、働きながら介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修の受講も可能です。

3. 住宅手当、職員寮、見学時・面接時旅費補助

啓仁会では住宅手当や施設によって職員寮や就職支度金等が用意されています。
遠方からのインターンシップ・職場見学や面接については旅費の補助などがあります。
詳しくは法人本部の高卒採用担当までお問合せください。

FLOW 未経験無資格から
国家資格を取るまで徹底サポート!

1年目
入職時研修後は、1年をとおして、介護に慣れ親しんでください。ご利用者様と一緒にレクリエーションをしたり、お話したり、そして、介助を徐々に学んでいただきます。誰もが未経験、うまくいかないこともあるでしょう。そんなときは一人で抱え込まず、相談してください。
勤務シフトについて入ってから半年は日勤帯を中心とした勤務シフトになります。 日勤帯からスタートして早番、遅番などがだんだんと加わっていきます。
夜勤は早い人で半年後から、だいたいは入職後1年前後から徐々に対応いただきます。
2年目
介護職員初任者研修を受講していただきます(費用助成制度ありま す)。お仕事と勉強の両立は大変ですが、受講を通じて1年目で得た経験・知識を確かなものとしてください。2年目以降は、夜勤業務もあります。夜勤業務は昼間の業務よりも職員の人数は少なく、正直大変です。でも、逆に言えば、夜勤を任せられるということは、1人前になったということなんです。
3年目
介護福祉士実務者研修を受講していただきます(費用助成制度あります)。
お仕事との両立は大変ですが、こちらの研修をクリアすると、冬に控える国家資格である介護福祉士の試験を受けることができます。合格目指し頑張りましょう!
4年目以降
介護職を極めるための様々な研修(費用助成の対象研修一部あり)を受けるもよし、関連資格(介護支援専門員)の勉強するもよし、ちょっとひと段落するもよし。どんなお仕事でもそうですが、勉強は一生必要です。とはいえ、プライベートも大事、自分のペースで無理せず行きましょう。

お申し込み

  1. 上記のボタンから見学申し込み、求人票をダウンロードし、印刷してください。
  2. 学校の先生に用紙をお渡しいただき、先生からお申し込みいただくようお願いいたします。

MESSAGE 人事担当からのメッセージ

職場見学から入職まで
私達がサポートします

医療法人啓仁会
法人本部 総務人事部

採用担当課長 小島大輔(写真右)
係長 大川潤也(写真左)

応募者の不安を取り除くのが私達の役割

私たちの役割は、応募者の方の就職活動における様々な不安を取り除き、集中できる環境を提供することです。例えば、職場見学や面接の際の送迎、面接開始までの付き添いなど、担当者としてマンツーマンで対応しています(選考試験は、ご応募いただいた各施設にておこないます)。

遠方からの応募者への対応

就職活動は、はじめてのことばかりで、ただでさえ不安です。遠方からの応募者の方であれば、そこに慣れない土地での大変さも加わります。上記のマンツーマン対応に加え、職場見学の際の交通費や宿泊費をこちらで一部負担する等、遠方からでも足を運んでいただきやすいように努めています。

内定後のサポート

内定後から入職日を迎えるまでもサポートもさせていただきます。内定から入職までの間、不安を感じることや、疑問が発生することもあるかと思います。私たちは、一つ一つの不安や疑問に丁寧に対応し、内定者の方が安心して入職日が迎えられるよう努めています。

また、遠方から入職される方にとっては、住まい探しも重要です。馴染みのない土地で住まいを探すことは高校生でなくても大変なことです。ご希望あれば物件探しに同行、物件探しのために上京するのがなかなか難しい場合は、条件を聞きながら物件をこちらで探して提案するなど、それぞれの状況に応じて支援をしています。

まだまだ試行錯誤中ではありますが、選考中から入職後まで、ひとりひとりをしっかりと支えていきたいと考えています。

啓仁会は自分らしく長く働ける環境

現場では、幅広い年齢層の方が働いています。キャリア豊富な方も多く、コミュニケーションを重視する職種でもあるので自然と面倒見の良い方が多いのが特徴です。特に介護施設ではチームで入居者様に対応するため、自然と職種をまたいだ交流があります。職種、年齢という面で垣根がなく風通しがよいと感じていただけることでしょう。

入職後1年間は、入職時研修、フォローアップ研修、業務を通じて介護を学んでいただきます。未経験の方でも、入職3年目の冬には介護福祉士国家試験が受験できるようバックアップしていますので、高校生の方でも働きやすい環境です。

介護福祉士合格は一つ目のゴールになりますが、働くなかでの目指す方向や、キャリアプランは日々変わっていくものです。啓仁会には介護施設や病院など様々な施設がありますので、「介護のプロフェッショナルになりたい」「より医療の現場に関わりたい」「マネジメントスキルを伸ばしたい」など目指すキャリアに応じた環境を用意することが可能です。

ひとりでも多くの方が法人の中心を担うような人材に育ってくれたらとても嬉しいです。

介護の仕事はコミュニケーションの仕事

高校生の方に限らず介護職と聞いても、なかなか具体的な仕事のイメージはわかないのではないかと思います。例えば介護の仕事というと、どうしてもおむつ交換であったり、お風呂の介助であったり、具体的な作業が中心というイメージが先行しているように感じます。
このような業務もちろん重要なのですが、実際の現場ではコミュニケーションこそが介護の仕事の要になってきます。
日々の入居者様とのレクリエーションや、介助するなかでの会話やちょっとしたやりとり。そういった日々のコミュニケーションのひとつひとつの積み重ねこそが介護の仕事の本質と言えるかもしれません。

特に現場の方が心がけているのは入居者様ひとりひとりの価値観、文化を尊重すること。全員に同じサービスを提供するのが役目ではあるのですが、当然ながら100人の入居者様がいれば100通りの考えがあります。

可能な限り介助してほしいという方もいれば、自分でできることは自分でしたいという方もいます。マニュアルに沿って淡々と業務をこなすのではなく、それぞれの人にとってベストの対応とは何なのか。しっかりと、ひとりひとりと向き合うことを重視している方が多いです。

いわば介護の仕事を通して相手の人生に深く関わることができる、これは大きなやりがいのひとつだと思います。

「介護する人」と「介護される人」という枠を超えて、ひとりの人間としてコミュニケーションを取れる方、入居者様からの「ありがとう」という言葉に喜びを感じられる方なら、きっとやりがいを持って働けます。「人と深く接する仕事がしたい」という方はぜひ応募してください。

プロフィール

小島大輔(写真右)
1976年生まれ 東京都出身。
学校卒業後、総合人材会社に就職し、営業、コーディネーター、事務、採用、などに従事してきました。平成28年6月にロイヤルワムタウングループに入職し採用の業務を担当しています。
趣味は釣り、写真、YouTube鑑賞です。高校時代は自転車で片道40分かけて通学、部活は水泳部に所属していました。

大川潤也(写真左)
1977年生まれ 埼玉県出身
塾講師、医療法人事務職、不動産営業を経て、平成23年4月に入職しました。病院での勤務を経て、現在は法人本部で主に採用と職員定着の業務を担当しています。最近の趣味は史跡めぐりです。街中でちょっとした史跡に出会えることに喜びを感じる今日この頃です。
高校時代の部活はマンドリン部でした。

FAQ よくある質問

入職時に必要な資格はありません。
介護職員初任者研修などは入職後段階的に取得してもらうことになります。
もちろん福祉系の学校を卒業している必要もありません。
入職して間もない頃は、資格や知識よりもまずは職場の同期や他職種含めた先輩たちとのコミュニケーションを積極的に取るよう過ごしてください。
施設により入寮可能な職員寮があります。
また職員寮がない施設でも入職予定に合わせて入寮可能な借り上げ社宅を 用意している施設もあります。
規定などもありますので、お問い合わせについては先生より法人本部 高卒採用担当までお問合せください。
育児休業や育児短時間勤務に関する制度がありますので、実際に多くの職員が結婚後や出産後も働いています。
施設によっては敷地内か近隣に託児施設を設けていますので、働きながら育児も可能な環境があります。
行っています。インターンシップは近隣の高校生であれば半日程度、遠方からの高校生であれば1日~2日程度のインターンシップを組んでいます。
見学も随時行っております。
遠方からの参加者については旅費などの補助もあります。
インターンシップや見学については、施設の状況などもありますので、 参加希望やお問い合わせについては先生より法人本部の高卒採用担当までご連絡ください。

ABOUT US 法人概要

名称 医療法人啓仁会
URL https://www.loyal-wam-town.jp/keijin.html
TEL 04-2997-5510
FAX 04-2992-5544
事業内容 6つの病院をはじめとして29の医療・介護施設を展開。
埼玉県を基点として、宮城県・東京都・静岡県・愛知県で医療・介護施設を運営しています。
設立 昭和33年5月28日
所在地 〒359-1131 埼玉県所沢市大字久米532番地1

お申し込み

  1. 上記のボタンから見学申し込み、求人票をダウンロードし、印刷してください。
  2. 学校の先生に用紙をお渡しいただき、先生からお申し込みいただくようお願いいたします。